オーダースーツを仕立てる|自分好みの生地やボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加

採寸にこだわって作成

フォーマル

男性は日常的に、スーツを着る機会が多いので、ある程度着こなしに慣れてきたら、自分だけのオーダースーツを作ってみることをオススメします。オーダースーツと言えば高級なイメージを抱く人もいるでしょうが、最近では比較的リーズナブルな価格でオーダーすることができるので、誰でも自分だけのオリジナルを作成することが可能です。オーダースーツを作るなら、細部にまでこだわってみましょう。生地は勿論自分が好きな色を選び、裏地もしゃれたデザインにしてみましょう。既製品のスーツの裏地は無地のサテンが多いので、オーダースーツを作成する場合は、思い切って柄物やカラフルな生地を合わせて遊び心を演出してみましょう。

生地を選んだあとは、カフスボタンやボタンを選んでいきましょう。シンプルな生地を選んだ場合は、少し個性的なボタンを合わせてみてもバランスがとれます。個性的なボタンがあるか、スタッフに相談してみても良いでしょう。もしも、持ち込みが可能であれば、アンティークのボタンを持ち込んでオーダースーツと合わせて作成してもらうと良いでしょう。

オーダースーツは自分の体型に合った、世界で1着だけの製品となります。体型の変化が起きても、そのつど縫い直すこともできるので、長く愛用することができます。綺麗に着こなせば半世紀近くもつことだったありえます。紳士的な着こなしを目指している方であればぜひ仕立ててみましょう。きっと納得の出来栄えとなるはずです。